記事一覧

【春の高校野球2013】茨城大会準決勝 霞ヶ浦 - 石岡一

第65回春季関東地区高校野球大会<栃木>

第65回春季関東地区高校野球茨城大会

ひたちなか市民球場 今年は?
第65回秋季関東地区高校野球大会<群馬>
第65回秋季関東地区高校野球茨城大会
2013年度前半 茨城大会日程

【音楽】My iPod 再生回数ランキング2013年3月
ANIME CONTENTS EXPO 2013 in 幕張メッセ レポート



2013年5月4日(土)

水戸市民球場


茨城大会準決勝

霞ヶ浦-石岡一




ざいこのブログ-01


ざいこのブログ-02


ざいこのブログ-03


 日差しは暖かいのですが、風が冷たい水戸市民球場の午後です。

 石岡一はエース中島くんがここまで30奪三振の大活躍です。また、打線も火が付くと止まらず幾度もビックイニングを作ってきました。ベスト4は秋春夏通じて初となり、この勢いで関東大会出場の切符も手中にしてしまうのか?



ざいこのブログ-04


ざいこのブログ-05


ざいこのブログ-06
【↑石岡一先発エース中島くん】


 霞ヶ浦は準々決勝土浦湖北戦の死闘を制し、打線も上向きになってきました。先日は片野くんが先発だったので、今日は2年生の左腕、秋の関東大会東海大相模戦で完投勝利した上野くんが先発した。いまいち調子があがっていないという噂もあったが、実際どうなのか?



ざいこのブログ-07
【↑霞ヶ浦先発背番号11左腕上野くん】


 1回裏、石岡一は相手のエラーで出たランナーをしっかり送ると、相手のバッテリーミスもあり2死3塁のチャンスを作った。すると4番長日部くんが期待に応え、センター前にタイムリーを放ち、石岡一が相手のミスに付け込んで1点を先制した。



ざいこのブログ-08

【↑1回裏しっかり送りバントを決める石岡一2番矢口くん】


ざいこのブログ-09
【↑1回裏霞ヶ浦バッテリーにミス】


ざいこのブログ-10
【↑1回裏先制タイムリーを打った石岡一4番長日部くん】


ざいこのブログ-11


 しかしながら、霞ヶ浦上野くんだが、立ち上がりこそボールが先行して不安定だったが、2回には3者連続三振を奪うなど、普段どおりのピッチングを取り戻した。

 一方、石岡一先発の左腕中島くんだが、立ち上がりはなんとか抑えたが本来の出来ではなかった。連投の影響もあるのか、奪三振の多い投手だが霞ヶ浦のバッターから空振りが取れず、アウトにはなっているが、ボールは外野に運ばれている状態で明らかに球威がなかった。



ざいこのブログ-12
【↑3回表レフトオーバーの2ベースを放った霞ヶ浦1番白川くん】


 3回表霞ヶ浦は、この回先頭の9番上野くんが絶妙なバットコントロールでセンター前に運ぶと、1番白川くんがレフトオーバーの2ベースを放ち、無死2・3塁とチャンスをひろげた。その後満塁となり、3番菅原くんのレフトフライが犠牲フライとなり、霞ヶ浦がなんなく1-1の同点に追いついた。

 更に4番浜部くんがタイムリーを放ち、2-1と逆転した。



ざいこのブログ-13
【↑3回表霞ヶ浦上野くんタッチアップで笑顔の猛ダッシュ!】


 3回裏石岡一はすかさず無死2塁のチャンスを作ったが、送りバントは霞ヶ浦上野くんのナイスフィールディングで3塁でランナーをアウトにされてしまい、流れを取り戻せなかった。

 逆に4回表にはバッテリーエラーなどでピンチを招き、スクイズを決められ3-1にリードをひろげられるなど、本来自分たちがやりたい野球を逆にやられて、流れを相手に渡してしまった。




ざいこのブログ-14

ざいこのブログ-15
【↑4回表霞ヶ浦8番後藤くんがスクイズ】


ざいこのブログ-16
【↑5回途中からマウンドに上がった石岡一中川くん】


 6回表霞ヶ浦は、継投した石岡一の中川くんを捕まえた。6番平井くんのレフト前ヒットを皮切りに、シングルヒットだが打線が面白いようにつながった。石岡一は苦肉の策で一度マウンドから降ろした中島くんを再びマウンドに上げるが霞ヶ浦の猛攻は止められなかった。気付いてみれば、霞ヶ浦はこの回打者一巡でヒット6本を集め5点を追加して、8-1とリードをひろげた。上野くんの出来からして、ほぼ勝負が決まってしまった。



ざいこのブログ-17
【↑6回表霞ヶ浦の下位打線に連打を浴び集まる石岡一】


ざいこのブログ-18
【↑6回表タイムリーを放った霞ヶ浦2番河原くん】


ざいこのブログ-19


ざいこのブログ-20
【↑6回表石岡一3番手の浅尾くんがビックイニングを鎮火】


ざいこのブログ-21

ざいこのブログ-22
【↑6回裏石岡一意地で一点返す】


 6回裏石岡一は3番喜古くんの長打などで1点返し、コールドにはさせないと粘った。

 しかしながら、8回表の霞ヶ浦は連続ヒットで1死2・3塁のチャンスを作り6番平井くんが左中間の2ベースを放って10-2となり試合を決めた。

 8回裏、それでも石岡一は粘りを見せたが、霞ヶ浦の18安打の猛攻の前に屈した。



ざいこのブログ-23

ざいこのブログ-24
【↑8回表霞ヶ浦6番池田くんのあたりでダメ押し】


ざいこのブログ-25


ざいこのブログ-26
【↑8回裏霞ヶ浦背番号14アンダースローの岩田くんがリリーフ】


ざいこのブログ-27
【↑8回裏石岡一死球で2死満塁となり見せ場を作る】



■スコア


霞ヶ浦

00210502 = 10

10000100 = 2

石岡一

(8回コールド)



ざいこのブログ-28



 石岡一のエース中島くんが本来の出来でなかったことで大差になってしまったが、それにしても霞ヶ浦は2回戦の水戸商戦とは別の打線になっていた。今日はどこからでも点の取れる打線になっていた。高橋監督もランナーが出ても送らず強行姿勢を貫いていた。上野くんは本来の投球が出来たということで、関東大会に向けていい材料が増えたのでは!?


 石岡一はここまで健闘した。夏は第4シードになるので、順調に行けば第5シードの土浦湖北と準々決勝で当たる。過去4回戦の壁を超えられずにいるので、まずはその壁を乗り越えたいところだ。チームは川井監督の元、着実にステップアップしている。それにしても県立にしてはものすごい部員数でした。夏の健闘を期待します。



ざいこのブログ-29



 明日、常総学院は飯田くん先発を回避してくるとは思うが、霞ヶ浦が常総学院相手に今日のように打てるのであれば、関東大会でも期待が持てる。常総学院は打線が振るわないとは言ってもここまで失点0!霞ヶ浦が風穴をあけられるか?


 常総学院、霞ヶ浦はお互い今後どのような思惑があって、明日、どのような体制で試合に臨んでくるのか?勝ったほうが夏の第1シードになるが、夏は第1シードと第2シードのどちらがいいのか?関東大会をどういう大会に位置づけているのか?など、明日の決勝の両チームの出方が気になります。


ざいこのブログ-30
【ボールボーイ!!】




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア