記事一覧

【春の高校野球2013】茨城大会1回戦 藤代 - 水城

第65回春季関東地区高校野球茨城大会

ひたちなか市民球場 今年は?
第65回秋季関東地区高校野球大会<群馬>
第65回秋季関東地区高校野球茨城大会
2013年度前半 茨城大会日程

【音楽】My iPod 再生回数ランキング2013年3月
ANIME CONTENTS EXPO 2013 in 幕張メッセ レポート



2013年4月27日(土)

土浦市営球場


茨城大会1回戦

藤代-水城



ざいこのブログ-01


 いよいよ春の県大会が始まり、今日は予定通り土浦市営球場に行ってきました。晴れたのはいいのですがものすごい強風で、試合にだいぶ影響しました。砂埃でクロコダイル状態でした。



ざいこのブログ-02



ざいこのブログ-270104


ざいこのブログ-270105



 藤代の先発はサイドスローのエース川又くんで秋は絶妙の制球力とキレで常総学院をあと一歩のところまで追い詰めました。水城の先発は背番号16番右投げ、怪我から復帰の人見くんでした。藤代は右打者が多いので、左の永井くんは回避したのかな?と予想します。



ざいこのブログ-270106
【↑水城先発怪我から復帰の背番号16人見くん】


ざいこのブログ-270107
【↑藤代先発のエース川又くん】


 1回表、水城の人見くんの立ち上がりですが、先頭打者は三振に打ち取ったものの、ランナーを出すと消極的なピッチングが目立ちボール先行となり、四死球を頻発。さらに藤代6番畠山くんに満塁からセンターオーバーの3ベースを浴び一挙3点を先制された。センターも目測を誤ってしまった感じで、早速強風の影響が出た。



ざいこのブログ-270108



ざいこのブログ-270109
【↑1回表藤代6番畠山くんのセンターオーバーで3点目】


 1回裏、藤代川又くんの立ち上がりだが、ストレートにキレがあったが制球が定まらなかった。ヒットと四死球で1死満塁とされると、水城5番の田代くんにタイムリーを打たれて1点、6番箕川くんには左中間3ベースを打たれ3点と、一気に3-4と逆転されてしまった。

 水城の各打者も川又くんのキレのあるボールを鋭いスイングで打ち返していた。川又くんの制球の乱れもあったが、水城打線はなかなか振れている印象だった。



ざいこのブログ-270110

【↑1回裏水城の反撃に遭い集まる藤代の選手たち】


ざいこのブログ-270111

ざいこのブログ-270112
【↑1回裏水城6番箕川くん走者一掃の逆転3ベース】

ざいこのブログ-03


 水城の人見くんは腕が遅れて出てくるタイプで、ストレートか変化球なのか見極めづらい。制球は乱れていたが変化球(たぶんカーブ)はよく落ちていた。四死球と三振が交差し落ち着かないマウンドだった。




ざいこのブログ-270113

【↑激しい強風で砂埃舞うグランド】


 4回裏、悪いなりにもなんとか投げていた藤代川又くんだったが、2死一塁からショートゴロがまさかの暴投となりチェンジできず、逆に2死1・3塁のピンチになってしまった。すると、水城5番田代くんにまたしてもタイムリーを許3-5と引き離され、まさかの失点となった。



 藤代ベンチも川又くんの精神状態も考えて、2番手の背番号10番、左の竹内くんをマウンドに上げたが、水城の勢いは止まらずまた6番箕川くんにタイムリーを許し3-6と更に点差を引き離されてしまった。



ざいこのブログ-270114
【↑4回裏追加点をたたき出した水城5番田代くん】


ざいこのブログ-270115
【↑4回途中から藤代背番号10左腕の竹内くんがマウンドへ】


 水城ペースになるかと思われたが、先発の人見くんがピリッとしないのと、藤代の投手リレーも出てくる投手が水城打線につかまるなど、中盤は点の取り合い・・・・というよりは点の失い合いという展開が続いた。水城のペースになりそうでならないといった感じだった。



ざいこのブログ-270116

【↑5回表藤代同点に追いつく】


 藤代はいつも僅差の緊迫した試合をするというイメージがあったが、今日はエラーが頻発し、まるで別のチームだった。特に内野の守備とバッテリーエラーが目立った。

 極めつけは、11-8水城リードで迎えた7回裏。藤代が水城のスクイズをはずし挟殺プレーとなり、ピンチを脱出したかに思えたが、内野手のまさかの暴投で1点を失い12-8とリードをひろげられてしまった。さすがに、粘りのある藤代もこのプレーでぷっつり集中力が切れてしまった感じだった。

 


ざいこのブログ-270117

【↑苦しい展開の藤代ベンチ】


 8回裏、水城は1番林優希くん2番川井くんの連打でチャンスを作ると、4番林涼介くんのあたりはあわやホームランかというライトへの大きなあたりで一人が生還し13-8。その後満塁となり、最後は今日あたっている6番箕川くんが左中間破る3ベースを放ち、15-8でコールドとなった。9回を待たずしてゲームセットとなり水城が勝利した。藤代のコールド負けは久しく記憶になかった。



■スコア



ざいこのブログ-270119



藤代

30003200 = 8

40022313x = 15

水城

(8回コールド)



ざいこのブログ-270124


ざいこのブログ-270121


 印象として、藤代は川又くんが試合を作れないと上位のチームには非常に厳しいのではないかと感じました。まあ、いずれにせよ、4失策で細かいミスも多発するなど、今日は勝てる理由がなかった。



 一方水城は、人見くんが結局完投した。ブランクを考えると、投げるたびによくなってくるのではと思うが、どうでしょうか?。変化球の曲がり具合と腕の振りはよかった。あとは制球しだいか・・・。今日継投策はなかったが、ほかの投手陣がどのような状態かで今後の戦いが決まってくるかもしれない。

 


 打線は秋よりかなりよくなった。昨年レギュラーの川井くん、永井くん以外の打者の成長が目立った。まあ、この1試合で評価するのは厳しいがなかなか振れているのではないかと思う。あとは、捕手の捕球がちょっと心配なところで、人見くんに安心して低めに投げさせてあげられるようにするべきだろう。



ざいこのブログ-270123




 それにしても、非常にテンポの悪い、長い試合になった。風も強く、非常にタフな観戦となり、おっちゃん達が方々でわめいていたのが面白かった(笑)藤代も初戦の落とし穴があるのだろうか?甲子園に行った夏の大会初戦も終盤まで水戸短大付(現:水戸啓明)にリードされ、負ける寸前までいったという試合も過去あった。夏に向けてどのように立て直してくるのか?そして、夏のシード権がもし取れなかったら、非常に危険なノーシード爆弾となり、上位チームの脅威となることは間違いなさそうです。(抽選会の面白みは増しますが!)






関連記事

コメント

1. 無題

藤代はノーシードになりそうですね…
常総を応援する者としては、県内最大のライバルは藤代だと思ってるので早くも夏の組み合わせが心配です 苦笑

常総は新一年生が2人先発出場(しかも中軸)、又吉くんという一年生も好リリーフしたそうで非常に楽しみです
準々決勝以降でのレポート楽しみにしてます!

2. Re:無題

>燕さん
本当藤代ノーシードは抽選のときの話題になりますね。鉾田一もエースが怪我で負けたということで、回復したらこちらも厳しいですよね。

常総は正直センバツも経験してるので、ほかのチームよりは一段階レベルが違うと思います。投手層が薄かったので1年生投手の台頭は朗報ですね!
順調にいけば5/2に観戦予定なので楽しみです(^O^)/

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア