記事一覧

【秋の高校野球2012】関東大会準々決勝 霞ヶ浦-宇都宮商



第65回秋季関東地区高校野球茨城大会

第65回秋季関東地区高校野球大会<群馬>




2012年10月30日(火)

上毛新聞敷島球場


関東大会準々決勝

霞ヶ浦-宇都宮商



■スコア



ざいこのブログ-001


ざいこのブログ-002


ざいこのブログ-004


ざいこのブログ-003



■総評


 昨日優勝候補の東海大相模を破り波に乗る霞ヶ浦と、山梨1位高い得点力で県大会を勝ちあがってきた日川を堅い野球で完封した宇都宮商との対戦となった。また、この試合に勝ったほうが春の選抜出場が濃厚となってくる大一番でもあった。



ざいこのブログ-01




ざいこのブログ-03


 1回表、霞ヶ浦先発の上野くんは連投の疲れからか、今日はボールが先行した。いきなりピンチを迎えたが、宇都宮商のまずい走塁にも助けられ無得点でしのいだ。宇都宮商はレギュラーがほとんど左バッター(7人)ということもあり、左の上野くんの連投となったのかもしれない。


 1回裏、宇都宮商の先発は背番号9の左の柴山くんだったが、独特の投球フォームから球が遅れ気味に出てきて、変化球も曲がりが大きく打ちづらそうだった。



ざいこのブログ-02

【↑宇都宮商先発背番号9柴山くん】


 2回裏、霞ヶ浦は4番濱部くんがセンター前ヒットで出ると、セットポジションになってから球に制球を乱し(普通逆なんだけど)1死満塁のチャンスを迎えた。ここで、宇都宮商は昨日の日川戦と同じような形で柴山くんをスパッと諦め、背番号8番飯岡くんにスイッチした。なかなか制球もよく、低めに丁寧になげこみ、安定感があった。結局、霞ヶ浦は宇都宮商の思い切った継投に抑えられ、先制のチャンスを逃した。



ざいこのブログ-04

【↑2回裏に霞ヶ浦先制のチャンスを迎える】


ざいこのブログ-05

【↑2回裏宇都宮商早くも背番号8飯岡くんに継投】


ざいこのブログ-06
【↑3回表宇都宮商けん制でアウトになりチャンスをつぶす】


 試合が動いたのは4回表だった。宇都宮商は1死1塁からきっちり送ると、一巡目は全くタイミングが合っていなかった6番小材くんと7番柴山くんがストライクをとりにくる甘い球を逃さず、連続の長打で宇都宮商が鮮やかに2点先制した。オーバーランでその後の得点はなかったが、選抜のかかった大事な試合だけに先制点は重要だった。

 霞ヶ浦の上野くんは昨日ほど球威がなく、勝負を焦って不用意にストライク勝負にいってしまい昨日のような粘りの投球が影を潜めた。正直、今日はどこまで持つか分からなかった。



ざいこのブログ-07

【↑4回表宇都宮商が2点先制する】


 堅い野球で先攻逃げ切りをもくろく宇都宮商としては願ってもない先制点だったが、その裏霞ヶ浦は、今日スタメン起用の8番氏家くんが左中間にタイムリー3ベースヒットを放ち、試合の流れを引き戻した。まあ、そうは高崎問屋町が卸さないという感じだった(・_・;)



ざいこのブログ-08


ざいこのブログ-09


ざいこのブログ-10
【↑4回裏霞ヶ浦8番氏家くんのタイムリー3ベース】


 宇都宮商2-1でリードのまま前を終え、迎えた6回裏。霞ヶ浦はここまで安定感のある投球をしていた宇都宮商2番手の飯岡くんを捕らえた。1死1・2塁からチャンスで再び8番氏家くんに回ると、ライトへの大きなあたりはグングンと延びていき、起死回生の逆転3ランとなり4-2と試合をひっくり返した。まさに、今日は「氏家デー」だった。まさに神が降臨した!きっと、あれだな!ゾーンに入ったなw

 正直、霞ヶ浦優位で後半は展開されると思ったがそうは高崎問屋町だった(><;)



ざいこのブログ-11

【↑6回裏、霞ヶ浦8番氏家くんの3ランHRで一挙逆転】



ざいこのブログ-13

【↑7回表、喚起から一転連打を浴び神妙な面持ちの霞ヶ浦ナイン】


 7回表、霞ヶ浦の上野くんがピリッとしなかった。先ほどタイムリーを浴びた6・7番コンビに再び連打を浴びるとここでも簡単に送りバントを決められて1死2・3塁とピンチを迎えた。

 正直、もういっぱいいっぱいな感じがスタンドにも伝わり、継投すべきと思った。しかしながら、宇都宮商9番小林くんのセカンドゴロの間に1点返されると、その後3連打を浴びてあれよあれよと3失点し、5-4と宇都宮商が再逆転した。

 その後ようやく、2年生の片野くんがリリーフすると、見事に火をけしてくれたが、時すでに遅しといった感じだった。得点を取った後の守りは相手も死に物狂いにくるので、それに負けない気合と集中力が必要な場面だったが、目を当てられない光景となった。



ざいこのブログ-14

【↑7回表、宇都宮商一挙3得点で再びリードする】


ざいこのブログ-15



 流れは完全に宇都宮商となった。逆に7回裏の頭から、3人目の背番号1新井くんをマウンドにあげ、今までの投手とはタイプの違い、長身からキレのいいストレートを投げ込まれ霞ヶ浦は反撃の芽を断たれた。



ざいこのブログ-16

【↑8回表霞ヶ浦片野くんが3人できっちり抑えリズムをつくる】


 それでも8回裏、宇都宮新井くんも制球を乱し、霞ヶ浦が1死2・3塁とチャンスを作ると、出席は神の化身である氏家くんだったが、ここで宇都宮商はまたも投手を先発の柴山くんにもどした。対左ということと、1打席目抑えているといったところからのワンポイントリリーフだった。

 初球甘いボールが入ってきたが手を出せず、その後スクイズという選択肢も意表をついて面白いと思ったが、強行で難しい球に手をだしてしまい凡退し、宇都宮商木村監督に軍配があがった。


 9回裏、霞ヶ浦はこの回先頭の1番河原くんがヒットで出てチャンスを作ったが、ここでまた宇都宮商はなりふり構わない継投で右の飯岡くんを再びマウンドに上げた。霞ヶ浦3番白川くんのあたりは打った瞬間ヒットかと思ったが、ショート正面となりセカンドにいたランナーもアウトとなり一瞬で試合終了となった。3塁側は喚起に沸き、1塁側は失意の溜息が漏れた。



ざいこのブログ-17

【↑9回裏霞ヶ浦1番河原くんが同点のランナーで出る】


ざいこのブログ-18



 冷静に試合のポイントを箇条書きであげると

 ・上野くんが本調子ではないので初回から継投のタイミングをかんがえておくべきだった

 ・2回裏に先制していれば展開が変わった。

 ・7回表は上野くんを引っ張りすぎた。

 ・宇都宮商のなりふり構わない継投策に惑わされた

 ・宇都宮商はランナーが出ると1死でも徹底してバント、霞ヶ浦は簡単にバントをやらせすぎた

 というようなとことかなと自分は感じた。



 試合後、球場の外で常総学院の試合結果を待っていると、偶然にも霞ヶ浦の高橋監督がすぐ近くまで来て、霞ヶ浦の関係者と立ち話していた。内容は詳しくお伝えしてしまうと失礼かなと思いますので詳細はお伝えしませんが、第一声は「すべてにおいて引っ張りすぎた」ということと、8回裏の攻撃について語っていました。人柄のいい方で、本当勝たせてあげたかったです。


 その後、高崎城南球場で常総学院が延長12回6-5でサヨナラ勝ちという朗報を聞いて、ちょっと救われた気分になり群馬を後にしました。

 しかしながら、一喜一憂した4日間でした。普通に会社で働いていて忘れてましたが、人間っていろんな感情をもっているんだと!それを思いっきり吐き出して来たと思います。高校野球と今回の常総学院、霞ヶ浦に感謝です!ありがとうございました。


 PL学園元監督の中村氏がおっしゃっていましたが、

「野球の試合の中には、人生のすべての要素が詰まっている」

まさにそのとおりだと思いました。1試合1試合いろんな顔があるんだな~と痛感しました。


 みなさんももし都合があえば、関東大会での地元応援オススメします。本当、熱くなれます!今回、記事を読んでくださった方、お付き合いしていただいてありがとうございました。


 

関連記事

コメント

1. 無題

お疲れ様でした

2試合同時進行ということで、アベック出場への期待と両校敗退の恐怖を行き来してて疲れました… 笑

霞ヶ浦はもうそろそろ殻を破ってほしい

常総は甲子園経験者と1年生が上手く融合してて、のびしろもあるのでセンバツに期待ですね

2. コーフン!!

実際に球場に行ってはいないものの、結果を聞いたり、ダイジェストを観たりして、もー大コーフン!!魅せられました。

霞ヶ浦…惜しかったですね(T-T)
常総…ドキドキはらはら止まらない展開でしたね((o( ̄~ ̄;;)o))


野球って深いんですね…
ざいこさんのblog 勉強になります。

息子も、ざいこさんに応援してもらえる日がくると良いな(* ̄∇ ̄*)

観戦レポおつかれさまでしたm(__)m

3. 無題

詳細ありがとうございます。

逆転スリーラン
で甲子園ダァ

と思ったが
・・・(*_*;

なんで
いつもいつも

高橋先生は、最高の指導者

ただ
勝負所での詰めが甘いような・・

常総が確定で
地域性では、かなり厳しいが

宇都宮商業に関東で優勝

これは、ちょっと厳しいかな

花咲徳栄
は、かなりチーム力がありそうなので

関東優勝で
神宮枠をもぎ取って来て欲しいです。


悔しくて昨夜は、飲み過ぎで二日酔いです(v_v)

マイド的を得た解りやすい記事で助かります↑↑

観戦お疲れ様でした。

4. m(__)m

レポートありがとうございました。
霞ヶ浦は残念です。でも、強いのが伝わって来ました♪監督さんは人柄もいいんですか?
ん~来年も目が離せない茨城県ですね!
他地区での地元応援、必ず僕も叶えてみせます♪

5. Re:無題

>匿名さん
常総は間違いなく選抜ではやってくれそうです。霞ヶ浦の片野くんの表情を追ってましたが、「俺を出してくれ!」という感じでしたね。
上野くんもあそこはすごーーーーーく長く、審判に注意されるぐらい間を取って、ベンチに考えさせたほうがよかったですね!

6. Re:コーフン!!

>初子。さん
はーい!息子さん!待ってますよ!
野球は知れば知るほど面白いスポーツです。自分は現役のときはバレーボールでしたが、小学校から野球バカでした。
こらからも、がんばります!

7. Re:無題

>ふみさん
確かに氏家くんのホームランがでたときには、決まった!!と自分も思いました。ましてや、昨日の東海大相模戦を見ていれば、多少調子悪そうでも上野くんならなんとか抑えてくれるだろう、と思った人が大半だったのかもしれない。
その後の片野くんが抑えてくれただけに余計そう思いましたね。

確かに、東海大相模戦は上野くんで正解だったと思う。データ的にはストレートにめっぽう強いが変化球に対応できる選手がまだ少ないということでした。たぶん、片野くんだとちょうど打ち頃の球速になっていたかもしれないです。

しかし、宇都宮商はコツコツつなぐ打線で、逆に変化球に対応できてミートしてくるので、上野くんは打ち頃だったかもしれません。

タイプの違う2人の投手を今後どう組み合わせていくか!大きい敗戦でしたが、これを糧にするかどうかは、今後の選手・監督次第でしょう!

どうして負けたのか、徹底的に分析してほしいと思います。

ぜひ、がんばって欲しいです。

8. Re:m(__)m

>ハマさん
こんばんわ~

自分も高橋監督は怖いという印象しかなかったですけどね~。この日は素を見てしまいました。本当に自分を責めまくってましたね。継投のタイミングを逸したのは自分のせいだと、脱力感でいっぱいでした。

ちょうど円形の花壇のところに座ってたら、すぐ近くで監督とほかの学校関係者が棒立ちになって、しゃべってました。自分も場所的には偶然そのサークル内に入っていた感じでした。

今日の敗戦をどう糧にしたか、今後またレポートさせてもらいますからね!と心に念じて自分はそこを後にしました。


あと、順番的に今度の秋関は茨城だと思うので、来年はアツイですよ~!

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア