記事一覧

【秋の高校野球2012】茨城大会 県大会準決勝 常総学院-藤代



第65回秋季関東地区高校野球茨城大会



2012年10月8日(月)

土浦市営球場


県大会準決勝

常総学院-藤代



■スコア



ざいこのブログ-080201



■総評


 接戦が期待できる関東大会出場をかけた戦いは、先攻が常総学院、後攻が藤代となった。両チームともエースが先発した。常総学院は右の飯田くんで球のキレで勝負するタイプ。藤代先発川又くんは右のサイド気味のフォームで両コーナーへのコントロールがいい。ここまで、2人ともチームの勝利に大きく貢献してきた投手だ。



ざいこのブログ-080202



ざいこのブログ-080203

【↑藤代先発川又くん】


ざいこのブログ-080204
【↑常総学院先発の飯田くん】



 前半は投手戦となった。藤代川又くんは常総学院のしつこいバッティングに根負けせずにしっかり要所を抑えた。特に、右バッターにはインコースに厳しい球が行き、窮屈なバッティングをさせていた。一方、常総学院飯田くんは、時折ゆるい変化球を混ぜながら、躍動感のあるフォームからキレのあるボールを投げていた。コースはいい具合に散らして的を絞らせなかった。ランナーを出してもけん制がうまく、しかもバッターとの勝負でもストライクが先行していたのに驚いた。



ざいこのブログ-080205

【↑6回表勝負を避けられる常総学院4番高島くん】



 6回表、常総学院はチャンスを迎えた。2死ランナーなしからここまで抑えられていた内田くんが、長打を狙わずコンパクトにレフト前に振りぬくと、今日ここまで2安打の4番高島くんを迎えカウントは2ボールナッシング。ここで藤代はベンチからの指示でマウンドに集まり、高島くんとは勝負しないという方向で確認し合う。

 続く、5番熊沢くんだが、追い込まれてから5・6球粘り、ついにジャストミート。しかし、セカンド正面を突き、均衡は破れなかった。まあ、ここでは、内田くんと高島くんは別格なんだなと痛感した。



ざいこのブログ-080206

【↑7回表先制タイムリーの代打浅沼くん】



 7回表、常総学院は7番吉沢くんがヒットで出ると、1点勝負とみたのか1死から送りバント。しかし、藤代はなんでもない1塁への送球をカバーに入った選手が捕球できずボールは転々として、吉沢くんは一気に3塁へと進んだ。藤代は2死2塁となる状況が、致命的なミスで1死1・3塁となりピンチを迎えた。ここで、守谷戦代打でヒットを放った背番号13番浅沼くんを佐々木監督は起用した。すると、みごとに期待に応えてレフトへの2ベースを放ち均衡を破った。マジックっすか!

 その後もバタバタしている藤代を攻めて、3-0とリードした。


 7回裏、常総学院の飯田くんがなかなかマウンドに出てこなかった。アナウンスで治療中とのことだが、どうも利腕ではない左肩を痛めたらしい。送りバントのとき1塁で接触したか?ホームにヘッドスライディングしたときか?どちらかだろう。この回ヒットは打たれたが、2三振と投球にはあまり影響なさそうで安心した。


 終盤での常総学院優位で席を立つ人が増えた8回裏、常総学院のつまらない外野のエラーから藤代におもわぬチャンスが訪れた。2死ランナーなしから、そんなにむずかしくないレフトフライを落球してしまい2塁までランナーが進んだ。ここで、3番広田くんはレフトへヒットを放ち、ランナーはホームへ突っ込む。判定はアウトとなり藤代に敗色ムードが漂った。次が4番根本くんだし、3点差なので無理して回すことはなかった。



ざいこのブログ-080207

【↑8回裏藤代ホームでタッチアウト】



 藤代はこのままいいところなく終わってしまうのかと思われた9回裏、1死から5番中村光佑くん、6番中村和希くん、そして代打背番号18の高橋くんがヒットでつなぎ、1死満塁と今日最大の見せ場を作った。やはり、藤代の粘りは健在だった。そして、途中からマウンドに上がっている8番清藤くんの意地のタイムリーが飛び出し、土壇場で1点を返した。さらに、ショートゴロの間に1点返すと、2死2・3塁となり1打サヨナラの状況となった。



ざいこのブログ-080208

【↑9回裏5番中村光佑くんが出塁】



ざいこのブログ-080209

【↑9回裏代打高橋くんがヒットでチャンスをひろげる】


 常総学院の飯田くんは交代せず藤代1番山本くんに思いっきり投げ込んだボールはレフトの前に落ちるか、落ちないか!?フラフラとあがった。すると背番号18の高橋くんはホームベースを踏んだあと、がっくり肩を落としていた。守備固めでこの回からレフトに入っていた常総学院の眼龍くんがあらかじめ前進し捕球した。最後はどうなることかと思ったが、常総学院がなんとか関東大会の切符を手にした。



ざいこのブログ-080210



 試合後、藤代の落胆ぶりはものすごかった。失点は仕方がないとして、ポイントは初回の送りバントをしなかった件と8回の暴走の件かな。川又くんが好投していただけにもったいなかった。


ざいこのブログ-080211

 

 


 

関連記事

コメント

1. いい画像を見せてもらいました。

はじめまして、今晩は。藤代高校OBです。野球部ではなかったのですが、長女の入学を機に野球好きの血が騒ぎ始めました。この試合の先発は二人とも長女の中学の同級生でして、組合表を見たときから期待していました。負けはしましたが後輩達の頑張りを画像から感じることが出来ました。夏の大会、秋の大会ともに常総学院と互角に闘ったのは藤代高校だけで、個人的には事実上の決勝戦だと思ってます(笑)。

2. Re:いい画像を見せてもらいました。

>かわら版編集長さん
ありがとうございます。今年の藤代は昨年よりもいい状態かもしれないです。この試合も終始常総優位でしたが、最後には1本出れば逆転という脅威の粘りを見せましたからね!
関東大会でどのぐらい通用するのか、見てみたかったです。この日3塁側(藤代側)にいましたが、3年生やOBなども来ていて熱心に観戦してました。
常総を倒すとしたら、一番近い位置にいるのは間違いないと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア