記事一覧

【夏の高校野球2012】茨城大会2回戦 下館一-緑岡


第94回全国高等学校野球選手権茨城大会

【音楽】My iPod 再生回数ランキング2012年6月




2012年7月14日(土)

日立市民球場


2回戦

下館一-緑岡




ざいこのブログ-00


ざいこのブログ-01


ざいこのブログ-02


 2回戦に入り、第8シード下館一の登場です。春は鹿島学園や霞ヶ浦に競り勝ちベスト8まで進んだのはまだ記憶に新しいところです。投打ともに粘りのあるチームです。

 一方、緑岡は県北優勝の明秀日立を強打で圧倒し、波に乗っているチームです。シード校とどのような戦いをするのか?真価の問われるところです。



■1回表 下0-0緑


 緑岡の先発は背番号1の藤枝くんで、ボールを丁寧に低めに集めてくるピッチングだ。特徴としては投球の間合いが非常に長く、短気なバッターはイライラしてしまうかもしれない。土浦湖北・野口くんの逆バージョンだ。

 


ざいこのブログ-04
【↑1回表下館一2番畫岡くんのレフトへの2ベース】



ざいこのブログ-03
【↑緑岡先発背番号1藤枝くん】



■1回裏 下0-0緑


 下館一の先発は背番号10の谷中くんで、春ベスト8の立役者で2年生の投手だ。キレのあるストレートを武器に打たれても粘り強いピッチングができる。



ざいこのブログ-05
【↑下館一先発背番号10谷中くん】


 初回は2者連続で三振を奪うなど順調で、テンポも良かった。



ざいこのブログ-06



■2回裏 下0-2緑


 下館一はなんでもない内野ゴロを悪送球してしまい、無死2塁のチャンスを緑岡に献上してしまった。初回は順調かと思われた谷中くんだったが、その後のバッターを四球で歩かせ、送りバントをしっかり決められて1死2・3塁とチャンスをひろげられた。



ざいこのブログ-07
【↑2回裏緑岡無死2塁のチャンス】


 緑岡の8番高嶺くんはカウントで追い込まれたが、開き直ったのか、思いっきり引っ張った打球が3塁の横を抜け、緑岡が2点を先制した。



ざいこのブログ-08
【↑2回裏緑岡8番高嶺くん、思いっきり引っ張り2点先制タイムリー】



■3回裏 下0-5緑


 下館一谷中くんは、足の速い緑岡平方くんを四球で出してしまい盗塁、犠牲フライなど2アウトにはしたが足だけで3塁まで進塁された。



ざいこのブログ-09
【↑3回裏ライトへの飛球で緑岡3塁へ進塁】


 

 その後2順目入った緑岡打線は、たぶん谷中くんの変化球に狙いを定め4番・5番・6番の連打で3点を追加した。見事な集中打だった。序盤で5点差は予想がつかなかったし、緑岡打線の脅威を感じた。下手するとコールドもありえる?といったような声が3塁側からは挙がっていた。



ざいこのブログ-11


ざいこのブログ-12
【↑3回裏緑岡4番長洲くんのタイムリー】



ざいこのブログ-13
【↑3回裏緑岡6番藤枝くんのタイムリーで更に2点追加】



ざいこのブログ-14


■4回裏 下0-5緑


 下館一は谷中くんから背番号1右の荒木くんに継投した。コントロールがよく球が重そうで、緑岡の下位打線は力負けしていて、この回を3者凡退に抑えみごとなリリーフをみせた。



ざいこのブログ-15
【↑4回裏から継投の下館一背番号1荒木くん】



■5回表 下4-5緑


 ここまで緑岡藤枝くんの低めの球に内野ゴロを量産していた下館一だが、ややコントロールが甘くなってきたところを逃さず、下位から上位へと打線をつなぎ、送りバントをはさむ長短打5本で4点を返し、流れを引き寄せた。



ざいこのブログ-16


ざいこのブログ-17
【↑5回表1番田部井くんのタイムリーで反撃開始】



ざいこのブログ-18


ざいこのブログ-19
【↑5回表下館一3番谷口くんの2点タイムリー】



■6回表 下7-5緑


 やはり緑岡の藤枝くんの様子が今までとは違かった。四死球で2死1・2塁とノーヒットでピンチを招いてしまうと、前の回と同様、中軸の3連打で一挙に3点を失い、ついに緑岡は逆転を許してしまった。

 緑岡の投手は背番号9高嶺くんに代わり、なんとかその後の失点は防いだ。



ざいこのブログ-20



ざいこのブログ-21
【↑6回表下館二野原くんがホームインしついに同点】



ざいこのブログ-22
【↑6回表逆転され継投した緑岡背番号9番高嶺くん】



■6回裏 下7-7緑


 逆転された緑岡だったが、下位打線が奮起した。6番藤枝くんの右中間への2ベースを皮切りにこの回3本のヒットを集めすかさず同点に追いついた。



ざいこのブログ-23


ざいこのブログ-24
【↑6回裏途中出場の緑岡背番号2井坂くんのタイムリーですかさず同点】



■7回裏 下7-8緑


 緑岡は7回表から、3番手上川くんが登板し下館一を3人で切ると、その裏、あたっている中軸の長短打で1点勝ち越した。終盤に来てもバッティングが雑にならず、コンパクトに振ってつなぐ野球を徹底していた。



ざいこのブログ-25
【↑7回表緑岡3番手の背番号11上川くん】



ざいこのブログ-26


ざいこのブログ-27
【↑7回裏緑岡3番冨田くんの2ベースなどで終盤に1点勝ち越し】



■8回表 下8-8緑


 下館一は1番の田部井くんが四球で出ると、送りバント、セカンドゴロで3塁まで進んだ。4番荒木くんは投球の借りを返す同点タイムリーを放ち、勝敗の行方はどちらに転ぶか?わからなくなってきた。



ざいこのブログ-28

【↑8回表下館二上位打線がつなぎ同点】



ざいこのブログ-29


ざいこのブログ-30


■9回裏 下8-9緑


 お互い打線が粘り強く、総力戦となった。投手はお互い消耗が激しく、両先発投手が再びマウンドにあがり、ランナーを背負いながら粘りの投球を展開した。

 しかし、このゲームの幕切れは無情なものとなった。9回裏、2死1・3塁でサヨナラのチャンスを与えた下館一は、緑岡の打者に対しバッテリーがボールをそらしてしまい、3塁ランナーがホームイン。死闘を尽くしたシーソーゲームはあっけない形で幕を閉じ、歓喜と失意の交差するなんともいえない空気に球場が包まれた。



ざいこのブログ-31


ざいこのブログ-32


ざいこのブログ-33


ざいこのブログ-34


ざいこのブログ-35


ざいこのブログ-36


ざいこのブログ-37


ざいこのブログ-38


ざいこのブログ-39


ざいこのブログ-40


ざいこのブログ-41


この差は何なのだろう?スコアブックを見ると緑岡には守りのミスがほとんどなった。内野陣の動きは非常に安定していて、ピンチで浮き足立っていたのは下館一だったのかもしれない。シード校というプレッシャーもあったのかもしれない。ただ2回戦にするのには惜しい内容でした。正直、もう少し下館一の姿が見たかったです・・・。でもまた、秋にお会いしましょう!


 しかしながら緑岡、明らかにダークホースです。次は水戸桜ノ牧との対戦です。同じ水戸地区で手の内が分かっているでしょうから、どのような展開になるのか!?気になる方は、ぜひ球場に足を運び、目撃者となってください。




【試合結果】

下館一

000043010 = 8

023002101x = 9

緑岡




にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村





関連記事

コメント

1. 無題

ほんとうにいい試合でした!

館ーの試合を、もう少し
みたかったです(/_・、)

2. 無題

ありがとうございました。
実はベンチに入ってたのが私です。
私を含め3年生はここで引退ですが
これからも館1野球部を
応援してあげてください。
よろしくお願いします。

3. Re:無題

>まほさん
いい試合でしたね!

ベンチの中とか見てたら明るくて、雰囲気のいいチームでした。伝令いくときなんかは笑っちゃいましたけどね(‐^▽^‐)

秋に向けて谷中くんをはじめ、主力はまあまあ残るので、秋の大会期待したいです。

4. Re:無題

>()()さん
そうだったんですか・・・
3年間お疲れ様でした。自分は社会人ですが、苦楽をともにした仲間がいるというのはすばらしいことだと思います。
結果は残念でしたが、3年間部活をやりぬいたことはきっと自分の糧になると思います。
下館一応援します!
応援したくなる魅力のあるチームですからね!

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア