記事一覧

【夏の高校野球2012】茨城大会1回戦 茨城-総和


第94回全国高等学校野球選手権茨城大会

【音楽】My iPod 再生回数ランキング2012年6月




2012年7月8日(日)

水戸市民球場


1回戦

茨城-総和





ざいこのブログ-002


ざいこのブログ-003


ざいこのブログ-001



 朝は雨模様で何とか中止は回避できましたが、グラウンドは撒いた砂だらけ、スタンドの椅子は水で濡れていて、茨城の父母会の方々は高校生のために1塁側の応援席全部を拭いていました。頭が下がります。


ざいこのブログ-01


ざいこのブログ-02


 今日の始球式はちっび子三人組みでした。見事な投球でした。女の子もキャッチャーまで届きました。こんなイベントが見れたので、水戸市民球場に来てよかった!!だがこのあと試合を見れたことが本当に来て良かったと後で感じることとなった。

 戦前の予想では、春県大会2回戦まで進んだ総和が有利と茨城新聞にも書いてあった。



ざいこのブログ-03

【↑総和の先発背番号1の草野くん】



ざいこのブログ-04
【↑茨城先発の背番号3益子くん】


 総和の草野くんはキレのあるストレートを低めいっぱいのコースに投げ込み制球が良かった。一方、茨城の益子くんも似た感じの投球でたまに抜いたボールで緩急をつけたピッチングをしていた。



■1回裏 茨0-0総


 両投手とも無難な立ち上がりだった。機動力が持ち味の総和だったが、茨城の背番号12番・捕手で2年生の岡崎くんが見事なスローイングで盗塁を許さなかった。



ざいこのブログ-05
【↑1回裏茨城の捕手岡崎くんが総和の盗塁を阻止】



ざいこのブログ-06


■2回裏 茨0-0総


 総和は5番宇津木くんがライトオーバーの2ベースで出たが、6番生井くんのサードゴロで飛び出していた宇津木くんが挟まり、生井くん自身も飛び出してしまいダブル挟殺であっという間にチェンジになってしまった。茨城の内野陣もしっかり周りが見えていた。



ざいこのブログ-07
【↑2回裏総和2塁ランナーと1類ランナーが飛び出しダブル挟殺でチャンスをつぶす】



■3回裏 茨0-0総


 2死からランナーを出して盗塁を試みた総和だったが、またしても捕手岡崎くんの肩の前に塁を盗むことはできなかった。岡崎くんの存在は、機動力を売りにしている総和としては厄介だった。



ざいこのブログ-08
【↑3回裏総和の盗塁がまた刺される】



■4回裏 茨0-0総


 総和は打順良く1番の飯田くんが先頭で出て足を使える場面だったが、岡崎くんの肩を警戒して2番の根本くんは送らずに強行。しかし結果的に送ることも出来ず三振。3番には送らせたが結局この回も無得点に終わり、流れが茨城に傾きはじめた。



ざいこのブログ-09
【↑4回裏総和ノーアウトのランナーを返せず】



■5回表 茨1-0総


 これまで総和草野くんに抑えられていた茨城だったが、4番永瀬くんがレフト前ヒットで出ると、茨城はすかさずバントをし内野陣のミスを誘った。走塁のミスもあったが結果的に1死3塁の場面を迎えた。

 守備で活躍している6番岡崎くんの当たりはセンターへの犠牲フライとなり、茨城が均衡を破った。ノーアウトのランナーを躊躇しないで送ったか送らなかったかが明暗を分けた結果となった。



ざいこのブログ-11



ざいこのブログ-12
【↑5回表茨城6番岡崎くんの犠牲フライで均衡破れる】



■5回裏 茨1-0総


 ここまで何とか粘投してきた茨城の益子くんだったが先頭打者を四球で出し、ボール先行で甘いストライクを痛打されるなど無死1・2塁のピンチを迎え、今度こそ失点?という雰囲気になった。7番草野くんは当然のことながら送りバントで1死2・3塁と思いきや、朝からの雨によってグランドにたくさんまかれた土によってボールが転がらず、岡崎くんは躊躇なく3塁へ送球・・・・送りバント失敗となった。



ざいこのブログ-13
【↑総和の策を次から次へとつぶす茨城捕手・岡崎くん】



 結局、このピンチを無得点で切り抜け茨城1点リードで前半を折り返した。




ざいこのブログ-15


ざいこのブログ-16
【↑6回表総和のライト大賀くんのファインプレー】



■6回裏 茨1-1総


 茨城の益子くんは制球が定まらなくなり1死1・2塁のピンチを作ると、総和4番の津山くんにレフトオーバー2ベースを浴びついに同点に追いつかれた。



ざいこのブログ-17


 
ざいこのブログ-18
【↑6回裏総和4番津山くんのタイムリーで同点】


 なおも1死2・3塁のピンチで茨城は背番号9番住谷くんに継投した。しかしながら、いきなり四球で1死満塁!茨城の健闘もここまでかと思った。



ざいこのブログ-19
【↑6回裏ピンチでリリーフの茨城背番号9番住谷くん】


 総和6番生井くんのあたりはピッチャーゴロ!ということでまずホームアウト、そして捕手岡崎くんの送球は1塁へ・・・併殺?と思いきやボールは無情にも生井くんの体に当たり、転々とするあいだに2者生還で3-1と総和が逆転した。

 ???と思いきや主審が生井くんにアウトのジャッジ!「守備妨害」を取られたか?まあ、確かに1塁への送球はタイミング的にはアウトだった。送球のコースを妨害したのか?結局1-1の同点。1塁側はピンチを脱出して盛り上がったが、3塁側は唖然とした様子だった。



ざいこのブログ-20
【↑6回裏守備妨害で総和逆転とはならず】


 まあ、でも、甲子園みたく「ただいまのプレーを説明します!」のマイクパフォーマンスを期待したのは自分だけだろうか!?



■7回裏 茨1-1総


 この回も茨城は制球難から先頭打者を出し、総和9番大賀くんの絶妙のバントで1死1・3塁のピンチで今度こそ、今度こそ勝ち越せるかと思われた。ここで茨城はまた継投策を使い、背番号14番小坂くんがマウンドに上がった。



ざいこのブログ-21
【↑7回裏ピンチでマウンドに上がる茨城背番号14小坂くん】


 秋の水戸地区予選で好投した投手でいい印象があったので覚えていた。多少力んでいたが球に勢いがあり重そうな球を投げていた。気持ちが入っていたのがよく伝わった。このピンチで1・2番を抑え見事なリリーフを見せ、ベンチの盛り上がりは最高潮に達した。



ざいこのブログ-22

【↑7回のピンチをしのぎ喜ぶ茨城ベンチ】



■8回表 茨3-1総


 ピンチの後に何とやら・・・流れは完全に茨城だった。7番後藤くんが先頭でいきなり3ベースでチャンスを作ると、代わったばかりの小坂くんのあたりは右中間を破る勝ち越しの2ベース!その後もスクイズで加点し茨城が終盤でリードした。



ざいこのブログ-24


ざいこのブログ-25
【↑8回表茨城小坂くんのタイムリーで茨城勝ち越し】


 途中ライトの守備についてた総和の大賀くんが負傷を訴えベンチに退いた。このような形でグランドを離れるのはあまりにも無情だった。



ざいこのブログ-26
【↑8回表総和のライト大賀くん無念の負傷退場】



■9回裏 茨3-2総


 総和は8回裏に1点返すが、またもや茨城の継投で先発の益子くんがマウンドにあがり後続を断った。行き詰る死闘は茨城の勝利で幕を閉じた。



ざいこのブログ-30


ざいこのブログ-31


ざいこのブログ-29


 しかしながらなんという茨城の粘りの守備だったのだろう。ポイントは茨城の捕手岡崎くんが総和の機動力を封じたことだろう。ここは総和の計算にはなかったかもしれない。やっぱり実際見ないと高校野球はわからない。しかし、総和はあと1本どこかで出ていればという展開だった。



 この試合は6/20組合せ抽選会からすでに始まっていたのかもしれない・・・・。総和は茨城にかなり研究されてたかもしれない。憶測かもしれませんが。


 今日、守谷の選手たちがこぞって、古河一と佐和を見ながらデータを集めてました。戦いはグランドだけではない、そしてそこまでがガチにさせるほどの魅力が、夏の大会にはあるのだと思う。




【試合結果】

茨城

0000010020 = 3

0000001010 = 2

総和




にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村





関連記事

コメント

1. 無題

まだ名門校は初戦負けはありませんね!
水商は藤代紫水が壁になると思いますがどうでしょ?

2. ありがとうございます

いつも楽しく拝見させていただいております。

ありがとうございます

今年はどこが優勝しそうですか?

3. Re:無題

>勝さん
確かに石岡一の前に紫水手ごわいでしょうね!荒川くんはストレートが持ち味ですが、実は水戸商は結構速くてもストレートには強いです。逆に遅い球は苦手にしている傾向があります。あくまでもデータですが・・・水商の父兄さんがそうつぶやいていました。

4. Re:ありがとうございます

>茨城さん
こちらこそありがとうございます(‐^▽^‐)

ズバリ来ましたね!いや~今年は本当に難しいです!水戸商だと思います。あの集中打は魅力です。春関は投手の乱調で負けましたが、逆にしっかり対策してると思います。

 意外と注目されない水城が病気をおして指揮をとる橋本監督のもと不気味です。

 一番安定してるのは下妻二だと思います。カギは打線で今まであたっていなかった人が打つかどうかでしょうね!あとは2番手がどこまで成長したか?

 常総はここに来て投手陣が不調らしいとの話を開会式のとき常総の父兄の方と話している方がいました!

 湖北の野口くんは凄いが、怪我のうわさもあるし一人でどこまでいけるか?霞ヶ浦戦が大きな山でしょう。

 水戸葵陵の長島くんの調子がいいと話していた方がいて面白い存在かもしれません。

 どこにもチャンスがあるだけに今年の茨城大会は非常に面白いです。

5. 無題

僕自身思っていることは水商には母校なので優勝してもらいたいんですけど石1に勝ったとしても次は湖北あるいは水城あたりがくるとおもいますが?

6. Re:無題

>勝さん
霞ヶ浦の可能性もあります。水戸商にとってはその2校よりも、霞ヶ浦のほうがやりにくいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア