記事一覧

【夏の高校野球2012】茨城大会抽選会を終えて

第94回全国高等学校野球選手権茨城大会



 こんばんわ!とうとう組合せ決まりましたね!率直な感想はまあまあ有力校がバラけた感じがします。色んな予想がすでにあちこちであがってますが、自分も秋から携わってきたのでブロック別に分析したいと思います。


※トーナメント左上から


【Aブロック:第1シード水戸商、第8シード下館一】

 まず水戸商について、勝つも負けるも四死球しだいでしょう。集中打は例年以上に脅威。春の投手陣崩壊からどう立て直してくるかが見もの。石岡一、下館一は投手が計算できるのでいかにチャンスに打てるか、明秀日立は攻撃力のあるチームで勢いに乗ると怖い存在。水戸桜ノ牧なども実力校も控える。自分の注目は秋ベスト8で出場停止あけの古河一、夏にかける思いは強いだろう。石岡一もしぶとくいい意味やらしい野球をしてくる。


【Dブロック:第4シード土浦湖北、第5シード水城】

 なんといっても土浦湖北のブロックに霞ヶ浦が入ってること。この2校の対戦が実現すれば、ぜひ観戦すべき。水城も秋・春もう一歩という印象があったが、病気療養の知将橋本監督が指揮をとるとのことで、チームの士気や一体感も高まっていそうだ。対抗としては、土浦日大、東洋大牛久、波崎柳川あたりだろうか?湖北、水城とも第2の投手の台頭が勝ち進むには必要で、その点から言うと霞ヶ浦のほうが総合的には安定してそうだが、いかんせん大会序盤の疲労のない湖北・野口くんを攻略できるのか?それに尽きるだろう。


【Bブロック:第2シード下妻二、第7シード竜ヶ崎一】

 下妻二は今回は序盤諏訪くんを温存できそうな気配だ。対抗としては生田目くん率いる水戸工。ダークホースは春県大会でコールド負けしたが、途中まではいい野球をしていた土浦工。科技日立も力はあり、ブラバンの応援が後押しするだろう。竜ヶ崎一はシード校にはなったが、実力は水戸葵陵のほうが上と分析している。エース長島くんが復調してれば、相手にとっては脅威。2年の林くんが計算できるので2人揃えばといったところだ。とりあえず、投手は計算のうちで、打線が奮起したチームがここでは勝ちあがってきそうだ!


【Cブロック:第3シード常総学院、第6シード藤代】

 球場に来た人は口々にいう。「なんだかんだ言って常総」と。春は準決勝のみお粗末な試合だったが、例年夏に強い!まあ、それは監督が変わっても一緒か?といったところだろう。対抗は太田一、鹿島、水戸啓明あたりかだろうが、常総は比較的ベスト8までは順調に勝ち上がってきそうだ。一方藤代ブロックが今回死のブロックかもしれない。予想で申し訳ないが藤代は、投手力を中心とする守備力が高い伊奈、強打者が点在する鹿島学園、投打に駒が揃うつくば秀英と緊迫した試合が続くことは必至の組合せ。ほかに鉾田一、土浦三も実力はあり、どのチームも初戦から全力を強いられる。見るほうは一番面白いブロックに違いない。


 まあ、自分でコメント書きながらワクワクしてきました!そして夏といえば、応援もプラスされるので、ブラバン対決も楽しみです。絶対的なチームがないだけに、どこが優勝するのか検討もつきません。自分の最大の敵は雨天順延ですかね!

関連記事

コメント

1. 無題

やはり水商第一シードでしたね~
水商ファンとしてはたまらないです!

2. Re:無題

>勝さん
やっぱ四死球を出さないことでしょうね。何度も繰り返しますがそれに尽きると思います。松戸国際に取られた7点。あのとき木村君が何も考えずにど真ん中に投げたとしたら勝っていたでしょう。木村君と野沢監督は気持ちを強く持つことだと思います。変な優しさは捨てて非情になることです。
優等生で品がよすぎる・・・それが水戸商の弱点のような気がします。変なコメントですいませんが、自分が感じた率直な感想です。
期待をこめて辛口ですが、春の戦いを見た人はそう感じていると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

info

「当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。」

プロフィール

ざいこ

Author:ざいこ
茨城の高校野球を中心にブログを書いてます。1つの試合に対して試合の流れをわかりやする伝えることを心がけてます。写真も多めです!

カテゴリ

フリーエリア